ドラマ

東京タラレバ娘坂口健太郎演じるKEYの妻曜子女優は村川絵梨

投稿日:

今回はあの人気ドラマから気になる出演者の話題です。

 

 

ヒットドラマの共通点は語りたい系!?

現在の放送中の冬ドラマ、今期も面白い作品が多いんですよね。

中でも私の周りで話題になっているのが『カルテット』と『東京タラレバ娘』。

放送後には友人から電話がかかってきて、時間も忘れ語っちゃう事もしばしば。

もちろんストーリーや出演者もそうなのですが、一番多いのはその放送回で出てきたパターンや関係性についての恋バナ。

 

恋愛ドラマや映画というのは正しくてわかりやすい純愛や両思いを描く事が多い気がします。

そういった作品というのは胸キュンや憧れはあるのですが共感はなかなかないもの。

 

その点『カルテット』や『東京タラレバ娘』は出演者のほとんどが正しくない恋愛にどっぷりという有様。

そもそも私達の体験している恋愛なんてほとんどが間違えたり失敗したりの連続、だからこそ共感したり反感を持ったりハマっちゃうんですよね。

 

ドラマはそれぞれに中盤を迎え、盛り上がりを見せています。

愛すべきダメダメな面々がハッピーエンドを迎えられると良いのですが。

 

今回はそんな人気作の『東京タラレバ娘』から気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

 

坂口健太郎演じるKEYの死んだ妻、曜子を演じている女優は村川絵梨!

初回からたびたび倫子達に厳しい言葉を放ってきたKEY。

今回明かされた過去の話によってその理由が垣間見えたような気がします。

 

死ぬ前に結婚したかったという曜子に、自分にその夢を叶えさせてとプロポーズ。

曜子にとっての逃げ道になったというヘビーな理由でした。

 

これまでに倫子に投げかけた厳しい言葉は、限られた時間で生きた女性を見ていたからこその苛立ちなのでしょう。

怠けてばかりの倫子に、生きているならなんだって出来ると歯がゆい思いをしたのだと思います。

また、自分が曜子の逃げ道になったのは正しかったのかという気持ちも理由かもしれません。

出来るなら、間違えた選択を他の人にはしてほしくない、というのは考え過ぎでしょうか。

 

そして第5話でついに登場した、KEYの妻曜子を演じていたのは村川絵梨さんです。

映画界では昨年大きな注目を浴びた村川絵梨さん、しかしお茶の間での知名度はそこまで高くないですからご存じない方も多いかもしれません。

という事で簡単にではありますが紹介してみたいと思います。

 

村川絵梨さんは1987年10月4日生まれ、出身地は大阪。

身長は163cm、血液型はA型。

 

そのキャリアのスタートはアイドルユニットとしてのデビューでした。

ユニットは何度か名前が変わるのですが、BOYSTYLEという名前が一番有名かもしれません。

ちなみにこのユニットは2007年に解散しています。

 

村川絵梨さんの名前を一躍有名したのは2005年のこと。

朝の連続テレビ小説『風のハルカ』で主人公に抜擢るのですが、坂口健太郎さんも吉高由里子さんも朝の連続テレビ小説出演が大きな転機になっていますし、そう考えると面白い縁ですよね。

 

その後は映画化もされた名作ドラマ『ROOKIES』に出演するなど順調にキャリアを積み、昨年は映画『花芯』に主演し大きな注目を集めました。

この映画は瀬戸内寂聴さんの同名小説を映画化したものなのですが、この原作はあまりの過激さに瀬戸内寂聴さんが〈子宮作家〉と批評家にレッテルを貼られるきっかけになった作品でもあります。

そういった曰く付きの作品に、村川絵梨さんは体当たりの演技を見せ新境地と高い評価を得ました。

また、今年は秋から放送開始の『精霊の守り人最終章』への出演も発表され大活躍の1年になりそうです。

 

『東京タラレバ娘』では回想シーンでの出演ですからそこまで登場は多くないと思いますが、その演技力でKEYの過去を彩る村川絵梨さんの芝居に是非注目してみてくださいね。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.