ドラマ

ブランケット・キャッツに蓮佛美沙子、佐伯さくらに唐田えりか

投稿日:

今回はいよいよ始まるドラマ『ブランケット・キャッツ』についての特集です。

 

 

時代に求められたドラマ『ブランケット・キャッツ』

かつてはペットといえば犬というイメージがありましたよね。

さらには犬派の人は口を開けば、猫よりも犬のほうが人間との関係は古いだなんて言いますし、苦々しい思いをしていた猫派は私だけでは無いはず。

そもそもですね、犬は分類的にはネコ目イヌ科イヌ属なのですからそう考えるとネコの眷属みたいなもんじゃないですか。ってネコ目ってそういう意味じゃないんですけど。

 

しかし近年、人間のパートナーとして犬よりも猫という時代が訪れつつあるのはご存知でしょうか。

というのも、日本ペットフード協会の調査によるとペットとして人間と暮らす数犬のほうが多かったのですが、は猫の割合が増えて数年の内に逆転するというデータがあるんですね。

これは現代人の生活スタイルに猫の方があっているとか様々な要因があるそうです。

また、猫カフェのブームに代表されるように癒やしを感じる人が増えているのもあるかもしれません。

 

そんな今、大注目なのがいよいよ放送されるドラマ『ブランケット・キャッツ』。

2008年に観光された重松清さんの同名小説を原作に、様々な問題を抱える人々が猫との触れ合いで癒やされていく物語となっています。

今回はこのドラマについて特集してみたいと思います。

 

 

脚本は江頭美智留!

ドラマの出来を左右すると言っても過言では無いのが脚本。

『リーガルハイ』などで知られる古沢良太さんや『ドクターX』の中園ミホさん、『カルテット』の坂元裕二さんとその名前だけで見たくなる脚本家という声も最近ではよく聞く気がします。

 

そして今作『ブランケット・キャッツ』を担当する江頭美智留さんもそんな人気脚本家の一人。

映像作品の脚本家デビューは1990年、それから第一線で活躍し続けている江頭美智留さん。

『ごくせん』に『1リットルの涙』や『美咲ナンバーワン!!』、『花咲舞が黙ってない』など、どの時代にも高視聴率の代表作があるのがその凄さを証明しています。

 

サスペンスに恋愛、青春と様々なジャンルを得意とする江頭美智留さんですが、共通するのは人間ドラマの描き方の秀逸さ。

この『ブランケット・キャッツ』ではどのような物語に仕上げてくれるのかとても楽しみです。

 

 

唐田えりか、蓮佛美沙子が出演!

西島秀俊さんや島崎遥香さんら豪華出演者でも注目を集める今作ですが、個人的に大注目なのが佐伯さくら役で出演の唐田えりかさん。

保険会社のCMなどで知られる若手女優さんです。

有村架純さんと同じくフラームに所属することや、その群を抜いた透明感から早くから注目を集めました。

ちなみにデビューのきっかけはアルバイトをしていたマザー牧場でスカウトされたことだそうですよ。

 

2015年に『恋仲』でドラマデビューを果たすと数々の話題作に出演。

今回の『ブランケット・キャッツ』ではNHKの連続ドラマへ初出演となります。

個人的には近いうちに朝の連続テレビ小説のヒロインというのもある気がするんですよね。

今後女優としてもブレイクの期待がかかる彼女、是非チェックしてみて下さいね。

 

そしてこちらも注目なのが、第1話でゲスト出演が発表されている蓮佛美沙子さん。

蓮佛美沙子さんといえば先日まで放送されていました朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』での演技が大きな話題になりましたよね。

幅広い年代を演じ続ける難役でしたが、見事に演じあげる芝居に驚いてしまいました。

今作ではどのような芝居を見せてくれるのかとても楽しみです。

 

という事で紹介してきましたドラマ『ブランケット・キャッツ』、第1話は6月23日の放送となっています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.