ドラマ

相棒16第18話森迫永依が中国人シャオリー役、西村役矢野浩二

投稿日:

今回は現在放送中のドラマ『相棒』から気になる出演者の話題です。

 

 

偉大な役者がまた一人・・・

本日、日本中を悲しみに暮れさせる訃報が届きました。

大杉漣さんの早過ぎる死。

遅咲きの役者として知られ、ブレイク後は誰もが知る名優として国民的ともいえる人気俳優に。

また、ドラマの撮影後ということで最後まで仕事に向き合った人生だったと言えるのではないでしょうか。

個人的には大森南朋さんがボーカルを務めるバンド月に吠えるのステージに登場しパフォーマンスするミュージシャンだったり、熱烈なサッカーのサポーターだったりと趣味人だった印象も。

ファンから見ても充実したキラキラ輝く毎日だったように感じるのがせめてもの慰めかもしれません。

 

それにしても日本の芸能界には大きな痛手ですよね。

その需要は高く、日本屈指の名脇役として知られる大杉漣さん。

現在も『バイプレーヤーズ』での主演、『相棒』へも出演していました。

特に『相棒』では警視庁副総監の衣笠として前seasonから物語でも重要な役で出演しているんですよね。

甲斐峯秋や特命係との関係は今後の『相棒』を左右するはずでした。

もちろん大杉漣さん以外での衣笠なんて考えられませんし、今後その大きすぎる穴にも悲しむことになりそうです。

 

さて気を取り直す、ことは出来ませんがそれでも『相棒』は続きます。

今回は『相棒season16』最新18話より気になる出演者の話題です。

 

 

森迫永依が中国人のシャオリー、矢野浩二が通訳西村役で出演!

まず注目したいのは、中国人のシャオリー役で出演の森迫永依さん。

この名前に驚いた人も多いのではないでしょうか、そう実写『ちびまる子ちゃん』の森迫永依さんなのです。

 

天才子役として名を馳せ、その後も芸能界で活躍している森迫永依さん。

ちなみに母親が中国の方でハーフなのはご存知でしょうか。

さらに中国語はもちろん韓国語や英語も話せる才女であり、そういった面も今回のキャスティングの理由かと思います。

現在は二十歳ということで、子役から女優へと成長した彼女の芝居にも注目してみてくださいね。

 

そしてこちらも注目なのが、通訳の西村役で出演の矢野浩二さん。

矢野浩二さんといえば中国で大ブレイクした逆輸入俳優としても有名ですよね。

その人気は絶大で、昨年も中国で最も知られた日本人に選ばれたほど。

今回は通訳の役を演じるわけですが、森迫永依さんとの中国語での会話シーンも楽しみです。

 

ということで紹介してきましたドラマ『相棒season16』第18話、放送は2月28日に予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.