ドラマ

田畑志真がdele/ディーリー最終回で真柴鈴、菅田将暉の妹役

投稿日:

今回はついに最終回を迎えるドラマ『dele/ディーリー』から気になる出演者の話題です。

 

そして伝説へ・・・

今期のドラマでも衝撃度で言えば他の追随を許さないのが『dele/ディーリー』ではないでしょうか。

デジタル遺品という近年社会問題になりつつあるものを題材に、有名作家や脚本家が極上の物語を紡ぐ。

先日放送された第7話では、核心である事件の犯人が明かされないという衝撃の結末を迎えました。

ミステリ小説なら掟破り、作品として破綻しているところですが、『dele/ディーリー』の場合はこれこそが、見終わった後に爪痕をのこすことこそが魅力なのだと思います。

 

そしていよいよ迎える最終回。

個人的にはシリーズ化や映画化も期待したいところ。

しかしこのドラマのクリエイターには、『BORDER』で日本ドラマ史に残る衝撃の結末を世に放った金城一紀さんもいますし続編を期待するうえでは怖さもあったり。

新たな伝説の誕生となるか、とても楽しみです。

 

そして楽しみといえば、最終回では注目のゲストがラインナップされているんですよ。

 

 

『dele/ディーリー』最終話の気になるゲスト出演者は?

真柴鈴を演じているのは田畑志真


田畑志真さんは2005年12月24日生まれ、熊本県出身。

所属事務所はフラーム、有村架純さんや広末涼子さんに戸田恵梨香さんとトップ女優が所属しているのはもちろん、山口まゆさんを始めとした若き演技派が所属することでも知られる事務所です。

今クールでも『この世界の片隅に』、『高嶺の花』に出演と精力的に活動。

脚光を浴びるのも遠くはないのではないでしょうか。

 

今回演じるのは菅田将暉さん演じる真柴祐太郎の妹役。

これまで明かされなかった祐太郎の過去、そして隠された激しさの鍵を握る役ということで注目が集まりそうです。

 

辰巳仁志を演じるのは大塚明夫

 


大塚明夫さんといえば日本を代表する声優ですよね。

おそらく、声優ファンならずとも知っている名前と言えるのではないでしょうか。

もちろん俳優としても活動しており、映像作品に舞台にとその存在感を発揮しています。

今回演じるのはいわゆる悪役。

良い声はもちろん、芝居にも注目です。

 

ということで紹介してきましたドラマ『dele/ディーリー』最終話、放送は9月14日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.