ドラマ

渋川清彦が西郷どん板垣退助役、忍成修吾は井上馨役

投稿日:

今回は現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』から気になる出演者の話題です。

 

 

NHK進行!?

現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』、とても楽しく見ているのですが少々展開が慌ただしいという気も。

思えば、同じく放送中の朝の連続テレビ小説『半分、青い』でも主要キャラの離婚がナレーションだけで流されるなど話題になりましたよね。

大河ドラマも朝の連続テレビ小説もドラマにしては長い期間の放送とはいえ、時間は有限。

制作側も見せたいものというのがあるのでしょうが、不満が出るようでは視聴者が見たいものとズレているのかもしれません。

 

とはいえ、大河ドラマ『西郷どん』はいよいよ幕末の真っ只中。

史実でも重要な出来事が山のようにありますからしょうがない面もありますよね。

テストに出るような重要人物もバンバン登場しますが、それぞれに魅力的な役者さんがキャスティングされているんですよ。

 

 

気になる『西郷どん』の新キャストは?

板垣退助役は渋川清彦

 

板垣死すとも自由は死せずといえばあまりにも有名なフレーズですよね。

まあこのフレーズに関しては実は言ってないとか違うことを言ったとか諸説あるのですが。

 

板垣退助といえば自由民権運動。

これは、当時敷かれていた藩閥政治に対して国民の政治参加を求めたもの。

今では当然のことですが、そこには板垣退助の活動があったんですね。

 

そんな板垣退助にキャスティングされたのが渋川清彦さん。

これは本当に楽しみです。

どんな作品でも役でも、その唯一無二の存在感と芝居で目を離せない魅力を放つ渋川清彦さん。

役者さんが実在の人物を演じるというのは難しさもあるでしょうが、ファンとしては楽しみなもの。

それがあの偉人である板垣退助さんを演じる、これは否が応でも高まります。

また、渋川清彦さんの演じる口からあのフレーズは飛び出すのかというのも楽しみなんですよね。

これまでに見たことが無い板垣退助になるであろうことは間違いなさそうです。

 

井上馨役は忍成修吾

個人的に井上馨を一言で表すなら、豪腕でしょうか。

三井財閥を始めとした日本を代表する企業を育て、初代外務大臣として外国との条約改正に尽力。

また柔術や武道の達人としても知られていました。

雷親父といわれるほどの短気と怒声も有名だったのだとか。

 

それだけに忍成修吾さんのキャスティングには少し驚いてしまいました。

繊細な芝居が魅力な忍成修吾さん、それが怒声と短気の雷親父を演じるというのは絶対面白くなると思います。

 

しかし、井上馨や板垣退助が登場するといよいよという気がしてきますよね。

幕末からの日本の夜明け、その先に西郷隆盛は何をみるのでしょう。

 

今後も気になる出演者がいましたら、こちらで紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.