ドラマ

SUITS/スーツ脚本は池上純哉、2話に関めぐみ河瀬今日子役

投稿日:

織田裕二はフジテレビの救世主になるか

Tumisu / Pixabay

2018年の秋ドラマも数々の話題作がラインナップされています。

長寿かつ人気シリーズの相棒、メガヒットドラマの続編下町ロケット2、米倉涼子さんの新境地となるリーガルV。

そんな中でフジテレビの目玉となるのがドラマSUITS。

 

大人気の海外ドラマを原作に主演にはこれまで踊る大捜査線など数々のヒット作に主演してきた織田裕二さんということで制作発表時から大きな話題になりました。

そして蓋をあければかなりの好成績!

今回はこのドラマSUITSのヒットの秘密と気になる出演者を紹介してみたいと思います。

 

月9ドラマSUITSのヒットの秘密は

近年稀に見る高視聴率発進!

annca / Pixabay

放送前は心配の声も聞こえていましたが、いざ放送されると初回平均視聴率14%超えの高視聴率となりました。

平均視聴率でいえば近年で14%を超えたのは昨年のコード・ブルー、2014年のHERO、2013年のガリレオくらい。

しかもそれらは人気シリーズの続編、つまり完全新規のドラマでこれだけの数字を出せるというのがとんでもないことなのです。

本家となる海外ドラマSUITSはseason8までされていますし、フジテレビ版のSUITSもシリーズ化して息の長い愛され方をするかもしれません。

 

脚本はヒットメーカー池上純哉

Free-Photos / Pixabay

脚本と言えばドラマの出来を左右する重大な要素の一つ。

ドラマSUITSは原作付き、しかもそれが海外ドラマというのですからその難易度は相当なものです。

原作の面白さはそのままに日本社会に合うように変更、もちろん面白くというのですから大変ですよね。

 

月9ドラマSUITSでその難しさに向き合い、見事に成功してみせたのは池上純哉さん。

池上純哉さんは1970年生まれ、犬童一心監督らの作品で助監督、監督補として活躍。

草なぎ剛さん主演の任侠ヘルパーからは脚本家としても活動を開始。

相棒など数々の人気作品に携わり、近年のヒット作と言えば映画日本で一番悪い奴らや孤狼の血などハードな作品が目立ちます。

また、刑事ゆがみも担当していましたし、コミカルな物語も上手くバランスがとれる脚本家という印象があります。

テレビドラマではSUITSが代表作となるのではないでしょうか。

 

第2話に関めぐみが河瀬今日子役で出演

Berzin / Pixabay

初回が好調なら気になるのは第2話。

多くの作品は2話目で視聴率を落とし、逆に2話目で視聴率が上がる現象をヒットの法則なんて言ったりするんですよ。

 

そんな大事なドラマSUITSの第2話にゲストとして、河瀬今日子役で出演するのが関めぐみさん。

美人女優として知られる関めぐみさん、なんと高校時代には20以上もの芸能、モデル事務所からスカウトがきたそうですよ。

女優としての需要も高く、ドラマSUITSで今年5本目のドラマ出演となっています。

 

今回ドラマSUITSで演じる河瀬今日子は看護師でセクハラ被害にあうという役どころ。

中島裕翔さんが演じる鈴木大輔が担当することになり上手く行くのですが、とある事件へと発展することに。

どのような展開を迎えるのかとても楽しみです。

 

ということで紹介してきましたドラマSUITS、第2話は10月15日の放送を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.