ドラマ

相棒17第6話西田尚美が遠峰小夜子、松尾諭が弁護士連城で

投稿日:

相棒season17が好調キープ!

O12 / Pixabay

ドラマ氷河期と言われて久しいですが、もはやドラマはリアル視聴するものではなくなったのではと思わされる視聴率が続いています。

下町ロケット2もメガヒットドラマの続編にしては振るいませんし、逃げ恥タッグの獣になれない私たちや僕らは奇跡でできているも6%台を出すなど苦戦が続いています。

実際、私も配信サービスやAbemaTVなどを見ますし、選択肢が増えライフスタイルが変わってきた影響かもしれません。

 

そんな中で好調をキープしているのがドラマ相棒。

ここまでの平均視聴率が16%超えと驚異の記録、これは本当にすごいことです。

他局からしてみれば喉から手がほしいほどに欲しいコンテンツと言えるでしょう。

この数字だからこそ、少しでも不振が続くと打ち切り説なども出てしまう苦労もあるようですが。

 

今期でseason17を数えるドラマ相棒。

積み重ねてきたエピソードがそのまま魅力で、過去のキャラクターが再登場するのもファンには嬉しいんですよね。

そしてこれまでに強烈に印象に残る悪役も登場しました。

野間口徹さんに八嶋智人さん、平岳大さんといった面々が素晴らしい怪演を見せてきました。

そして次回、ドラマ相棒season17第6話では新たに強烈な犯罪者が登場するようです。

 

ドラマ相棒season16第6話のストーリーやあらすじは

Myriams-Fotos / Pixabay

ある日、右京は弁護士の連城から奇妙な依頼を受ける。

連城が顧問弁護士をしている出版社が遠峰小夜子から名誉毀損で訴えられているという。

遠峰小夜子は真珠養殖で出資を募り、返金を迫った出資者を自殺などに見せかけて殺した嫌疑がかけられた人物。

そして遠峰小夜子がいうには、有能な刑事を連れてくれば訴えを取り下げるという。

果たして遠峰小夜子のもとへ出向くことになる特命係、その先には驚愕の事件が待っていた。

 

遠峰小夜子を演じるのは西田尚美

ドラマ相棒season17第6話で遠峰小夜子を演じるのは西田尚美さん。

西田尚美さんは1970年2月16日生まれ、広島県出身の女優。

所属事務所は鈍牛倶楽部、オダギリジョーさんや田中哲司さんと同じ芸能事務所です。

 

元々はananやnon-noでモデルとして活躍、1993年からは女優業へ進出します。

モデル時代があったなんて驚きですよね。

 

今回演じるのは毒婦とも言うべき魔性の女。

コント番組などにも出演しコミカルなイメージもある西田尚美さん、しかし迫力のある怪演をさせたら屈指の女優さんでもあります。

遠峰小夜子と杉下右京の対決と共に、水谷豊さんと西田尚美さんの芝居対決も見どころです。

 

弁護士の連城役は松尾諭

もはや常連ともいえるのが弁護士の連城。

それにしてもなぜこうも厄介な仕事ばかりしているのでしょうね、この弁護士。

特命係との関係も良好とは言えないのに依頼を持ってくるあたりも曲者といった感じです。

 

演じる松尾諭さんも個性派俳優として随一の実力者。

曲者弁護士の魅力が出ているのも松尾諭さんならではですよね。

こういった登場人物が多いのもドラマ相棒の面白さの秘密だと思います。

 

ということで紹介してきましたドラマ相棒season17第6話、放送は11月21日を予定しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-ドラマ
-, ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.