映画

呪われた映画?『死霊館』スピンオフ『アナベル』上映禁止!

投稿日:

ホラー映画というのは時に様々な不気味な逸話がついて回りますよね。

曰く、本物の霊が映り込んでいる。

曰く、見ると不幸になる。

そんなホラー映画に、あらたな一本が仲間入りという話題です。

 

『死霊館』のスピンオフ『アナベル』がフランスで上映禁止!?

世界中で大ヒットしたホラー映画のスピンオフ映画『アナベル』がフランスで上映禁止になったというショッキングなニュースが入ってきました。

とは言っても呪われるだとか、不幸な事件が起きたとかというわけではなく、上映中に若者が暴動とも言える騒ぎを起こす事件がフランスで多発したからなんですね。

最初はポップコーンを投げる、上映中に話をするというとこから始まり、客の若者同士が喧嘩をする、座席を破壊するなどと発展していくのだとか。一箇所ならまだしも、各地で多発するというのでは映画と無関係とは言えないですよね。

だからこその上映禁止なのでしょうけど、作品がホラー映画なだけに色々と勘ぐっちゃいますよね。

 

『死霊館』『アナベル』って?

 

 

『死霊館』は2013年のアメリカ映画。

ポルターガイストなど心霊現象に襲われる家族が心霊研究科に助けを求め、壮絶な戦いを繰り広げるというもの。

その物語で悪霊が宿っているのがアナベルという人形なんですね。

スピンオフ映画『アナベル』は、そのアナベル人形に焦点をあてた作品です。

そういうわけですから、もしかしたら上映中に悪霊のようなものが集まってしまい、鑑賞中の客に取り憑き凶暴化するように作用した……なんて風にも考えられますよね。

現在はまだ未定ですが、日本で公開される暁には曰くつきの映画として注目を集めそうですね。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.