映画

映画『進撃の巨人』長谷川博己演じるシキシマの秘密とは!?

投稿日:

メガヒットで世界中で大人気の漫画の実写化映画『進撃の巨人』ですがついに配役が発表になりました。

さらにはその映画のキャラクタービジュアルも公開され大きな話題になっています。

そんな中でも一際大きな話題になっているあの人について今回は特集しようと思います。

 

人類最強の男!長谷川博己が演じるシキシマ!

いやー騙されました。

長谷川博己さんの出演が決定した際に、

「人類最強の男を演じることになりました」

とコメントしたせいで世間はみんなリヴァイ兵長役にキャスティングされたものだとばっかり思って大きな反響を呼びましたよね。

しかし、蓋を開けてみれば新キャラのシキシマだったという。

リヴァイ兵長は熱烈なファンが多いキャラクターなだけに、胸おなでおろした人も今日は多かったのではないでしょうか。

でも実際これってとてもいい作戦だと思うんですよね。一番の人気キャラクターを登場させないというのは本来あり得ないことですが、こと実写化映画に関してはどんなキャスティングをしても叩かれるものですから。外してしまって新キャラクターを投入することで、そういった批判を回避しつつもオリジナル・ストーリーである事を印象付け〈実写化〉による批判を和らげる事にもなりますし。

個人的には大好きな長谷川博己さんが出演するだけでも大満足なんですけどね。

 

本当にかっこいいですよね。

2014年は『MOZU』で演じた東和夫の鬼気迫る演技が絶賛されましたが、『進撃の巨人』ではどのような顔をみせてくれるのでしょうか。とても楽しみです。

 

人類最強の男、シキシマの秘密!?

今回、長谷川博己さんが演じるシキシマは新キャラクターということでその全貌は謎に包まれています。

しかし、そのキャラクターの運命を暗示する鍵がその名前に込められていたんですね。

この名前、元ネタがあるのです。

今回の映画でメガホンをとる樋口真嗣さんは『新劇場版エヴァンゲリヲン』でも知られています。

エヴァンゲリオンといえば綾波や惣流など軍艦の名前から取ったキャラクターが多いことでも知られています。

そして、『進撃の巨人』の原作者も旧日本軍を元ネタに持ってくることがあることでも有名。『進撃の巨人』のキャラクターミカサも軍艦三笠から来ていますしね。

そして、その三笠、正式には敷島型戦艦4番線三笠なのですね。その1番船が敷島になるわけです。

これには樋口真嗣監督も正解だと認めています。

ちなみに三笠と敷島は共に日露戦争で活躍したのですが、のちに三笠は解体を免れ保存されたのですが、敷島はその損害の大きさから解体されてしまったのですね。

ということは、もしかしたら劇中でも敷島はもしかしたら戦死してしまう、という暗示なのかもしれませんね。

 

ということで今回特集した映画『進撃の巨人』、公開が待ち遠しいですが2015年の夏に公開予定となっています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



関連



-映画
-, , , , ,

Copyright© さぶかるなべいべ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.